ハケン占い師アタル 第1話【杉咲花・志田未来 主演】あらすじネタバレ

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

ハケン占い師アタル 第1話のあらすじ (ネタバレあり)

電車に乗り遅れそうになった神田に手を差し伸べた女性。

 

その女性が気になった神田は追いかけようとしたが付いていくことができなかった。

会社に行きエレベーターに乗るとその女性がいたので驚く神田。

 

その女性はアタルといい、派遣としてイベント会社で働く神田の元にやってきたのだ。

個性豊かな人材がいる制作Dチーム。

 

たまに現れる部長のせいで仕事が増えてしまうのが悩みだった。

 

そのことをアタルに神田が話していると部長が現れて、赤ちゃんを50人集めて笑顔で記念写真を撮りたいと言ってきたのだ。

 

急遽赤ちゃんを50人集めなくてはいけなくなり、慌てる制作Dチームのメンバー。

 

見事集めることができたが、5人体調を崩したなどと言って足りなくなってしまう。

 

ショッピングモールだったため、赤ちゃんを見つけて参加してもらうことに成功した。

 

しかし、前日徹夜だった神田に眠気がやってきてふらついたところ、飾りの風船が割れてしまい、驚いた赤ちゃんは一斉に泣きだして記念写真を撮ることができなくなり失敗してしまった。

 

落ち込んでもうクビだと思った神田には、実は妊娠しており司法浪人中の彼氏がいた。

 

会社もクビになりそうで、赤ちゃんを育てられないと思った神田は下ろそうと思ったが、自分の人生を決断できない神田は占いに頼ろうとしたところ、天才少女の占い師として活躍していたアタルを見つけるのだ。

 

アタルに占ってもらおうと思い、頼むと今まで優しかったアタルの態度が豹変して占ってくれることになった。

 

アタルは3つまで質問に答えると言い、神田は自分でどうやったら決断できるのかを聞くのだった。

 

占ってもらい、神田は会社で働き続けたいことと妊娠のことを制作Dチームに話してみんな受け入れてくれたのだ。

 

失敗した神田に怒る部長がやってきたが、クレームの電話かと思って電話に代わると、参加してくれた赤ちゃんとお母さんのために記念品を渡したのだが、その中にメッセージカードをそれぞれの赤ちゃんに対して励ましの言葉を書いていたのがとても好印象で喜ばれたと言われたのだった。

 

その話を聞いた神田は喜び、制作Dチームのみんなもこの仕事は神田にしかできないと認めてくれたのだった。

ハケン占い師アタル 第1話の感想と見どころ

制作Dチームのみんなと一緒に働くことになったアタルには、すごく不思議な雰囲気があったのでとても謎でした。

 

アタルは神田が妊娠していることが分かったり、赤ちゃんを探しているときにどの人が参加してくれるのかも見抜いていたのでとてもすごいと思いました。

 

しかし、その理由はアタルが天才占い師だったからだと分かってとても驚きました。

 

人を見るだけで全てが分かるというのがとてもすごいと思ったし、だからいつもサングラスをかけて通勤しているのだと納得しました。

 

神田が妊娠していると分かったときは、司法浪人の彼氏とどう暮らしていくのだろうと心配になりましたが、一人で赤ちゃんを産んで育てることを決意したときはとてもすごいと思いました。

 

占ってもらってからの神田は、自分で決断することができて自分の意見を伝えることができる人間になったのですごかったです。

 

アタルには人を変えることができる何かがあるのではとすごく驚きました。

 

優しい表情のアタルと、占い師のアタルの顔が違い過ぎるのがとてもおもしろかったです。

 

占っているときはすごく傲慢な態度で、上から目線なのがとてもおかしくて見どころでした。

 

神田が制作Dチームのメンバーから認められたときは見ているこっちも嬉しかったです。

ハケン占い師アタル 第2話への期待・展望

 

第2話では、コネ入社で入った目黒がミスをしまくってしまうため、制作Dチームが大変になってしまうのがおもしろそうなところです。

 

目黒はコネ入社だと言われることに落ち込んでいるようだったので、爆発してしまわないかととても不安です。

 

目黒が発言しても誰も耳を貸さないのがとても可哀そうだと思ったので、どうなるのか気になりました。

 

ミスが続いてしまってみんなからの目が耐えられなくなるのではと思うとすごく可哀そうです。

 

占い師のアタルのことに気づいて占ってもうところがとても見どころだと感じました。

 

どんな占い結果がでるのか、また傲慢な態度のアタルの姿がすごく期待しているところです。

 

目黒は変わることができるのかとても期待しています。