ドラマ『中学聖日記』第4話のネタバレ・感想

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

火曜ドラマ『中学聖日記』第4話の視聴率

5.4%

火曜ドラマ『中学聖日記』第4話のあらすじネタバレ

子星中学では夏休みが始まりました。

聖は夏期講習の担当でなく、黒岩晶は聖と夏休み中ほとんど会えない状況でした。

聖が部活終わりのときに晶の母親の愛子が来ました。

岩崎るなに話を聞いて、るなの様子がおかしいから見てあげて欲しいと言いました。

聖も夏休みを取ることができて大阪にいる川合勝太郎のところへ行こうとしましたが、勝太郎はちょうどシンガポールの出張でした。

聖は愛子のところへ行き、夏期講習参加申込書のサインをもらいました。

すると晶が帰ってきて急に進路相談をして欲しいと引きとめました。

愛子が電話で席を離れて聖が帰ろうとしたら、晶が聖の腕を掴んで花火大会の後のことを言おうとしましたが愛子が戻ってきて聖も帰りました。

るなは晶に自分と花火大会一緒に行ってくれるのなら聖の携帯番号を教えると言いました。

晶は約束し、教えてもらいました。

晶は花火大会の後聖に会いたいとメールしました。

聖は返信しませんでした。

勝太郎は原口律とシンガポール帰りに聖が他の先生たちと見まわりにいく花火大会の会場に行きました。

るなは晶と花火を見ていて晶から聖の話を聞いてスイッチが入り、晶にキスをして抱きしめました。

その光景を聖が見てその場を立ち去りました。

花火大会が終わり聖は他の先生たちと一緒に帰るためにバスに乗りましたが、外でるなが1人で兄弟たちといるのを見てバスを降りました。

聖は晶がメールで言っていた集合場所にいきましたがいませんでした。

聖は汚れた靴を洗うために海にいました。

すると晶が来ました。

晶は自分のことをきちんと聖の口から聞きたいと言いました。

聖は先生と呼ばないでと言いました。

晶は泣いている聖にキスをして改めて好きだと言いました。

聖と晶は一緒に部屋に帰ろうとすると、そこには勝太郎がいて愛子も見てしまいました。

火曜ドラマ『中学聖日記』第4話の感想と見どころ

 

晶が進路相談で愛子が少し席を外したときに、聖の腕を掴んだシーンが見ている私もドキドキしました。

また愛子に見られてしまわないかとヒヤヒヤしました。

るなは晶と花火大会一緒に行けて途中まで本当に楽しそうでした。

母子家庭でたくさんいる兄弟のお姉ちゃんで、優しく兄弟と話しているところを見て第3話までのるなの印象と第4話での印象と良い意味で変わりました。

偉いと思います。

また自分は傷つく覚悟をして晶に気持ちをきちんとぶつけていて、そういったるなの積極的なところを私は見習わないといけないなと思いました。

聖が海で靴を流されたときに破片があるから危ないと、自分の靴を貸した晶に優しさを感じました。

そういった気遣いできる人にグッとくると思います。

2人は先生と生徒の関係ですが、晶は大人っぽいし聖は若くて可愛いので2人並んでいてもお似合いだと思いました。

聖は自分が晶に惹かれていることに気づいて晶と良い感じになっていたのには良いと思いましたが、手を繋いでいるところを勝太郎と愛子の両方に見られたシーンには驚きました。

どちらか片方に見られるのは予想がつきましたが、まさか両方いるのは予想外でした。

見られても晶は聖の手を離すどころかぎゅっと握りしめていたので晶には覚悟があると思いました。

第4話も続きが気になるような面白い話でした。

火曜ドラマ『中学聖日記』第5話への期待・展望

 

手を繋いでいるところを愛子が見て第5話では本気に聖を怒ると思います。

そして学校にも報告すると思うので他の先生たちがどんな反応をするか気になります。

そして勝太郎も怒るとは思いますが、優しいので聖にチャンスを与えてくれると期待しています。

第5話も楽しみです。