ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第5話のネタバレ・感想

この記事は約4分で読めます。
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
スポンサーリンク

土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第5話の視聴率

8.4%

土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第5話のあらすじネタバレ

同じ部署の皇子山が協力的では、無いところを係長が疑いだし斑目が調べる事になります。

バーでは抜擢された斑目が相棒で泥棒の煙鴉に酔っぱらいながらそれを自慢します。

しかしそのバーに現れた皇子山は煙鴉本人ではないかと疑っている様子です。

そして煙鴉の尾行を始め見失うのですが、女性の悲鳴が聞こえ、煙鴉は去って行きました。

そしてその家の中では遺体がありました。

朝になり部署の全員がため息をつき、係長が怒った様子で入ってきます。

そしてこれから捜査する「ネタ」をつまり対象者を誰にするかを課長に報告しています。

しかし係長は難癖をつけ却下するのですが、斑目のネタは採用の用です。

しかし斑目は捜査から外され、皇子山を調べ事に専念させます。

そして、部署の中では皇子山の噂話で持ちきりになっていました。

バーでは同じ部署に来た理由を斑目が訪ねますが、歯切れの悪い様子で多くを話しませんでした。

そこへエリートと勘違いした所轄の二人が来て、本庁の斑目が接待を受けるのでした。

一方皇子山の携帯には電話が来て住所を告げられその場所に行ってみると、遺体を発見します。

そして斑目のネタの犯人の張り込みをする事になりましたが、犯人は足が悪い様子でとても犯行をすることは困難そうでした。

それを部署で報告すると、捜査は取り止めになりその対象者を選んんだ、斑目のネタは所轄から聞いたもので、所轄が捜査本部を立てたいがための話しでした。

そして、部署の中では若い女性警官のストッキングが無くなったとの話題になりました。

一方斑目は対象者が気になり家に行き、近くに落ちていたゴミを対象者のアパートのゴミ捨て場に捨てたところ対象者が来て斑目のところへ来て関心だと言い出し、家の中へと上げてしまいます。

しかしその事を係長は面白く思っておらず止めろと言い出します。

斑目は対象者の所へまた、行き転勤になったとの事を言い出します。

そして対象者の事を橋の上で斑目と煙鴉と話していて、対象者が壁に向かって手を合わせる事が気になります。

それに煙鴉はその勘を信じろと、斑目を鼓舞しています。

そして張り込みを続ける斑目はゴミ箱に手を合わせる対象者を見て、ゴミを出してしまうのでが其を斑目が戻しに行くと血痕のような物が着いたゴミが見えました。

一方斑目は殺人現場を訪れ何か気になっているようでした。

そして煙鴉が気になる皇子山は、一課の人間と話していると、一課の人間に一連の殺人の捜査情報を入れたのは、煙鴉でした。

斑目は違う殺人現場を訪れると何か気づいたようです。

今回対象者を斑目が捕まえ、犯人は逮捕され犯人は身内の居ない殺しの現場を訪れては規制線の張っている中に、泥棒に入る事を繰り返していました。

斑目の取り調べが始まり、犯人は斑目と話しが出来た事を喜んでいました。

そして以前犯人の家で、カレンダーが変わっていなかった話しをした斑目が手書きのカレンダーをプレゼントしていました。

そして皇子山は電話の相手が煙鴉と分かった上で話しをしていました。

ストッキングの事件は、自分で捨て若い女性警官事の勘違いでした。

土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第5話の感想と見どころ

 

斑目が勘違いをしてエリートになったと思い、自慢気にしている所が彼の調子の良さを現していて良かったのですが、それもつかの間だった所が更に良かったです。

しかし打ち切られた捜査の事で、どうしても気になる様子で自らが動いて捜査する感じが刑事らしくなってきていて彼の成長っぷりが観れて良かったです。

そして煙鴉から以前聞いた話を思い出しながら、捜査の核心へ迫っていく様子は、だんだんちゃんとした刑事に見えてきてかっこよくも見えてたと思いました。

煙鴉と斑目が話す様子も相変わらずチャラチャラしている斑目もいれば、煙鴉に自分の気になる事を神妙な面持ちで話す所に関してはい良い表情をしていたと思いました。

相変わらずクールな煙鴉もそんな斑目を話を聞き見る事で、自分の勘を信じろと言った場面はとても良く刑事と泥棒の関係性よりも、先輩刑事のアドバイスにも見えて二人とも良い表情だったと思います。

斑目の優しさある所もよく、捕まえた犯人に対して感情移入しプレゼントを渡すシーンではとても好感が持てました。

そして部署の中では捜査のネタを精査し捜査するかどうか決める係長の様子がとても良く、部署の中でも濃いキャラクターが話す所はバラエティーの要素もあり面白かったです。

土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第6話への期待・展望

 

皇子山には大切な人がいて煙鴉に殺されたと言い出したのですが、なぜそうなったかが気になります。

女性の犯人が捕まり暑に連行されるようなのですが、目付きが手錠をはめられながらも目付きが凄く、取り調べに難航しそうな所がどうなっていくのかが、期待出来そうです。