後妻業 第1話【木村佳乃主演】あらすじネタバレ

この記事は約4分で読めます。

後妻業 第1話のあらすじ (ネタバレあり)

後妻業を仕事としている小夜子は、ある老人と相談所で知り合い、結婚式をあげます。

その結婚相談所は柏木という男が経営しており、そこに登録した男性は後妻業として活動している女性スタッフの餌食になっている仕組みでした。

後妻業は、普通の結婚詐欺とは違い、結婚生活を共に続けながら相手からお金をせびる方法で、小夜子はこの老人の後先が短いことを知っていました。

一方で、朋美が内縁の夫と経営している建築士事務所では、夫が新しいスタッフと面接をしていました。

実は朋美は老人の娘の一人で、娘たちは連絡を取っていなかったので、式にもやってこないありさまでした。

老人が「結婚したら一緒に住むものだ。」と小夜子に言っても、

「通い婚だから。」と適当な理由を作って老人と距離を取っていました。

小夜子は、体調不良を訴える老人を無視し、早く亡くなってもらおうと考えてデートに連れ出します。

早歩きの小夜子を追って、階段で息が切れて倒れてしまった老人を見た小夜子は、家に連れ帰ってもシャンパンを飲んで放置していました。

外出しているのを人に見られていたら大変だと柏木に言われた小夜子は、仕方なく救急車を呼びます。

老人の娘二人がかけつけるも、小夜子の白々しい態度を見た朋美は、父親の遺産が危ないと考え、ネットで探偵事務所に相談しようとします。

後日、探偵だと名乗る本多がやってきますが、朋美の学生時代の先輩だったので、意気投合します。

峠だと言われていた老人は何とか持ちこたえ、小夜子はガッカリしますが、老人がいない間に家の金庫を開けようとするも、なかなかあかないので、柏木の知り合いに頼んで開けてもらい、金庫の中身は山分けしようということになります。

また、柏木に葬儀業者を手配してもらったり、娘たちにお金がないと疑われないよう、葬儀代を立て替えてほしいと小夜子は頼みます。

小夜子が柏木と組んだのは、元カレの借金を払うために風俗業をしていたのがきっかけでした。

朋美もまた、夫との生活を楽しんでいましたが、不妊治療で子供が望めないことを知り、夫と涙した過去がありました。

本多は、小夜子は後妻業をしているのではないかと考え、知り合いに調べてもらうように依頼します。

柏木は小夜子と後妻業の成功を祝って乾杯し、珍しく小夜子を家まで送ろうとしますが、自宅を知られたくないと小夜子は一人で帰ります。

家に着いた小夜子は、老人の病院へ向かい、殺そうとします。

スポンサーリンク

後妻業 第1話の感想と見どころ

後妻業1話のみどころは、小夜子と朋美のバトルの場面だと思います。

朋美の父親のことで口論になっているだけなのに、一人の男性をめぐって言い争っているような女の修羅場みたいに見えるところが、面白いと感じました。

特に小夜子は、法律事務所を営んでいる朋美に、「バリバリ働くキャリアウーマン面するな。」と言った発言をするところが何回かあったので、男に騙されて風俗業をしていたことがある小夜子にとっては朋美が羨ましい存在なんだと思いました。

朋美の姉には火花が散らないのは、朋美の姉はのんびりした主婦だからで、小夜子は真面目な朋美タイプが苦手なのだと思います。

また、好きな男以外は本気にならないと小夜子が後半で柏木に言いますが、朋美の父親が寝ぼけて前の奥さんの名前をつぶやいた時、イライラしていたので、小夜子は感情を殺して仕事をしていても、どこかしら相手に恋心を抱いてしまう部分があるのかなと思いました。

1話では、小夜子や朋美の悲しい過去が登場したので、お互い悩みがあるのは共通しているんだということを描いていたのだと思いました。

2話以降では、柏木や本多、朋美の内縁の夫の過去も描いてほしいなと感じました。

きっと、朋美が籍を入れないのに子供が欲しかったのは、女性として子育てをしてみたかったからで、本当は小夜子が昔の男を追っているように、朋美も本多のことが忘れられなくて籍を入れた結婚をしたくなかったのかなと思いました。

後妻業 第2話への期待・展望

 

後妻業2話では、朋美が依頼した探偵の本多が、知り合いを使って早速柏木や小夜子について調べを開始すると思います。

だけど、柏木と小夜子はお金の目がくらんで、全くそこに気づかないところが2話の面白い場面になるのかなと思います。

朋美の仕事中に、本多が後妻業のことで訪ねてきて、朋美の内縁の夫は一瞬朋美の浮気相手なのではと疑ってしまう場面もあるのではと予想します。

だけど、後妻業の告知のポスターを最初に見た時、柏木と小夜子、本多と朋美が怪しげな雰囲気が漂っていたので、朋美は本多といずれ一緒になりたいがために、柏木にお願いして内縁の夫に後妻業をしてしまうのかなと思いました。

もしくは、内縁の夫が朋美から「私がいなかったら、他の人と再婚する?」と言われた時、意味深な空気があったので、内縁の夫は柏木の結婚相談所に悪質と知らずに登録してしまって、小夜子に騙されてしまったりするのかなと思います。