初めて恋をした日に読む話 第4話【深田恭子主演】あらすじネタバレ

この記事は約5分で読めます。

初めて恋をした日に読む話 第4話のあらすじ (ネタバレあり)

雅志は車の後部座席から前に座る順子を抱きしめ「好きだ」と告白する。

しかし超鈍感な順子それが告白だと気付かないのだった。

するとそこに匡平が戻ってくる。

雅志が告白する様子を目撃した匡平(横浜流星)は、雅志も順子に想いを寄せていることを知り複雑な心境になるのだった。

匡平が車に戻ると、雅志はさっきの順子への告白の様子を匡平に見られたと気付き、呑気な順子をよそに二人は気まずい雰囲気に。

帰宅した匡平は家で勉強するも。

雅志が順子に告白していた場面を思い出し、なかなか集中できないのだった。

2018年4月、匡平は高校3年生に。

そして順子との勉強もやっと高校3年生の内容に追いつく。

順子と匡平がそのことを喜んでいると突然順子の腰に痛みが走り、匡平に倒れこみ一瞬抱き合う形になり匡平はドキッとするのだった。

その後、順子は山下に良い整骨院を紹介してもらった感謝を伝えるため電話をかける。

するとそこで山下から匡平の成績が驚くほど良くなり学校で話題になっていること、匡平の母親が匡平が中学生の時に亡くなっていて可哀想な家庭環境だということを聞かされるのだった。

次の日、順子は匡平に塾の勉強合宿のチラシを渡す。

そして、匡平に母親がいないことを知った順子は匡平に対して母親のような口調で話す。

それを聞いた匡平は、順子から子ども扱いされていることに苛立つのだった。

ゴールデンウィークに入り、順子と匡平は三泊四日で塾の勉強合宿に行くことに。

その後、雅志は偶然近くに研修で来ていたと言い合宿所に顔を出す。

匡平は、順子が雅志と親しげに話す様子を見て嫉妬し、順子に冷たい態度をとるのだった。

匡平は食事の時間になっても食堂に現れない。

すると、匡平のことが気に入らない成績上位の男子生徒たちが匡平がロッジでたばこを吸っているのを目撃したと話す。

それを聞いた順子は慌ててロッジへ。

その道中で順子は、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまう。

そして腰が痛くなり休憩していると、匡平が現れ二人でロッジに向かう。

匡平がタバコを吸っていたと言う情報は嘘で、実は匡平は雅志のいるホテルを訪れ、順子のことについて尋ねていたのだった。

ロッジで二人で話す順子と匡平。

そこで匡平は順子の汚れた上着を脱がせ、自分の上着を渡す。

そして順子に「ご褒美ください」と言い匡平は順子の肩にもたれかかる。

さらに匡平が順子の腰に手を回すと、順子は驚き匡平から離れるのだった。

次の日、順子は昨日の匡平の行動が、どういう意味だったのか気になっていた。

その後、匡平は順子に可愛いと言ったり、上着をかけてあげたりするなど、猛アプローチをかける。

匡平からアプローチを受けた順子は困惑するのだった。

その夜、生徒と講師たちはキャンプファイヤーを楽しんでいた。

そこで匡平はキャンプファイヤーの炎越しに生徒たちと写真を撮る順子の方をじっと見つめる。

匡平の視線に気づき順子も匡平の方を見て、しばらく二人は見つめ合うのだった。

その後、匡平はビデオ通話で美和と順子のことについて話していた。

そこに順子が現れ、匡平が美和と話しているのを見てこれまでの匡平の思わせぶりな態度は自分を茶化したものだったのだと思い「やめてよね」と言う。

そして、順子は匡平に「冗談でよかった」と言い部屋に戻り布団に入り眠るのだった。

順子が目を覚ますとそこに匡平がいて、順子に謝罪する。

すると順子は、もし自分が匡平と何かあればもう匡平の勉強を教えることができなくなるから、思わせぶりな態度が冗談でホッとしたと話すのだった。

その後、順子と匡平はインフルエンザにかかり倒れ、他の生徒に移さないよう一つの部屋に隔離される。

匡平はインフルエンザでしんどいながらもこの状況を幸せだと感じていて、隣の布団で眠る順子の手を取り手の甲にキスをするのだった。

順子の様子が気になる雅志が部屋に入ると、順子と匡平が手を繋いで隣同士の布団で寝ているのを見て衝撃を受けるのだった。

スポンサーリンク

初めて恋をした日に読む話 第4話の感想と見どころ

雅志が順子に告白する様子を目撃した匡平がこのままでは雅志に順子を取られてしまうと思ったのか、今回、要所要所で順子にアプローチをかけていて、鈍感な順子も流石に匡平の気持ちに気づき始め、少し匡平に気持ちが揺れ動いている様子だった。

しかし、最終的には順子は匡平の思わせぶりな態度は美和と計画した冗談だと勘違いして、順子の中で匡平に揺れ動いてた気持ちはゼロになってしまったのかどうか気になるところだ。

キャンプファイヤーで順子がブルゾンちえみのパロディーを披露する場面では、もし自分が山王ゼミナールの生徒で普段自分を教えている講師がこのような出し物をしていたら、見てるこっちが恥ずかしくなって見ていられないだろうなと思った。

最後の順子と匡平がインフルエンザにかかり同じ一つの部屋に隔離される場面では、急展開で驚いた。

そして、インフルエンザの割に二人とも元気そうだなと思った。

また、例えホテルで隔離しても結局完治しないまま合宿は終わってしまい、塾のバスで二人は帰ることになるので、なぜ雅志が二人を車で家もしくは病院まで送らなかったのだろうと疑問に思った。

次回の予告を見る限り今度は山下と順子の距離が急接近しそうなので、どうなっていくのか楽しみだ。

初めて恋をした日に読む話 第5話への期待・展望

 

今回は順子が匡平から猛アプローチを受け、順子も少し気持ちが揺れ動いた様子だった。

今回のラストで山下が妻から離婚届を差し出される場面もあり、次回の予告を見る限り山下の妻との関係などが明らかになり、そんな山下と順子が急接近しそうだ。

順子に告白するも順子から告白だと気づかれずに終わった雅志は、今回は順子を見守ることしかできていなかったので、次回はどのような動きを見せるのか、また順子にアプローチをかけるのか注目して見ていきたい。