ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第2話のネタバレ・感想

この記事は約4分で読めます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Legal_V(@legalv2018)がシェアした投稿

スポンサーリンク

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第2話の視聴率

18.1%

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第2話のあらすじネタバレ

今回の依頼者は会社で女性初の役員の永島美鈴でした。

内容は濡れ衣でパワハラで訴えられたということです。

 

小鳥遊は他をあたってくれと断りましたが、美鈴の損害賠償請求が3億2千万円で成功報酬を計算すると6400万円で小鳥遊のスイッチが入りました。

 

会社側の被告代理人は白鳥美奈子です。

 

白鳥はパワハラを受けた松尾の証拠の録音音声を出しました。

青島圭太は城野優に話を聞いて証人になることになりました。

 

会社側のパワハラの証人は3人いました。

城野は当日出廷してきませんでした。

 

青島は城野に会いに行ったらたまたま証言した角野が出世したという話を聞きました。

他の2人も同じです。

 

専務派が社長派の永島を派閥争いで陥れをしようとしているのです。

城野は会社側の証人を引き受けてしまいました。

 

小鳥遊はやられたらやり返すで証人を奪い返すことにしました。

狙いは録音音声を取った松尾でした。

 

城野は真実を述べました。

その後松尾も証人として出てきました。

 

自分が録音音声の前後を削除したと証言しました。

松尾が永島をバカにして怒らせて暴言を誘導して作ったのでした。

 

専務には逆らえなかったのだとも言いました。

会社側は和解金を払うことになりました。

 

音声の続きがまだ残っていて城野の彼女にパワハラをしていたのでした。

小鳥遊は電車で永島に話すのでした。

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第2話の感想と見どころ

 

小鳥遊の駅弁が好きなところやお金遣いの荒さが面白かったです。

 

また仕事を受けないと言ったのに成功報酬額を聞いた途端やる気が出ていて面白かったです。

 

永島が働いている会社の女子社員に馬場が話を聞いたときは無視されたのに茅野が聞くとたくさん話して、違いが大きくて面白かったです。

 

イケメンは得だと思いました。

 

小鳥遊がレストランのスタッフが失礼なことをして永島を試していたのに神対応で永島の本当の優しさを感じました。

 

ドラマを見ていて早い段階で永島は優しくてパワハラなんかしない人だと私も思いました。

そんな永島のことを会社側の証人が嘘の証言をしていたのには永島は可哀想でした。

 

茅野は小鳥遊がパワハラ発言などしていても愛のムチだと言ってフォローしていてよかったです。

京極が靴底の減り具合を調べているところも面白かったです。

 

会社側は証人を引き受ける引き受けないで出世か飛ばされるか脅すような感じで引き受けざる得ない状況を作っているのが怖いと思いました。

 

それの方がパワハラだと思いました。

 

白鳥が海崎にキスをしていましたが、2人の関係性が気になります。

 

城野が会社側に従わずきちんと真実を言ってくれたのが良かったと思いました。

無事に問題が解決して良かったです。

 

第2話も面白かったです。

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第3話への期待・展望

 

 

第3話ではまた違う種類の案件が京極法律事務所にやってくると思うので小鳥遊たちはどうやって証拠を集めて解決していくのか楽しみです。

 

また私は茅野のキャラクターが好きなので3話でも元気に明るく小鳥遊をサポートしているシーンがたくさんあると嬉しいです。

 

第3話も楽しみです。