メゾン・ド・ポリス 第1話【高畑充希主演】あらすじネタバレ

この記事は約5分で読めます。

メゾン・ド・ポリス 第1話のあらすじ (ネタバレあり)

ひよりは、男性が焼死した事件と5年前のデスダンス事件との関連性について、本間を逮捕したという元捜査一課の主任である夏目に聞く。

だが夏目は自分ではないと主張した。

だが伊達の案内で、ひよりは、おじさんだらけのシェアハウスに入った。

夏目から薬を受け取る伊達。

帰ろうとするひよりに対し、捜査本部にお土産を持っていかないといけないのでは?と藤堂に言われた。

さらにおじさん達はひよりのことについて話し始めた。

ここにいるおじさん全員元警察官だったのだ。

迫田は事件について教えろとひよりに要求した。

伊達が上の人に話すとのことで、ひよりは捜査情報を話す羽目になった。

メゾン・ド・ポリスにどうぞ!とおじさん達に言われるひより。

署長から許可が下りた。

デスダンスの犯人である本間は未だに無罪を主張している。

本間が勾留中、新たなデスダンスの事件が発生した。

5年前の事件では1セント硬貨を渡されてから被害者は殺されており、そのことを知っているのは犯人と警察関係者だけでした。

それが今回も1セント硬貨が見つかったのだ。

重要参考人は夏目では?と皆は話し合った。

その結果、夏目がひよりに協力することになった。

伊達の働きにより、ひよりは本間と会うことになった。

状況証拠が揃っていても、自分はやってないと本間は主張した。

そこに夏目が出現し、感情的に本間にぶつけた。

夏目の奥さんは、とある事件の犯人に殺されたそうだ。

藤堂は3回も離婚しているそうだ。

署長からの直のお達しにより、ひよりには夏目に付き添う必要が出てしまう。

杉岡がひよりの愚痴を聞くから飲みに行こうと誘った結果、ひよりは杉岡の愚痴を聞く立場になってしまう。

翌日、出勤するひよりの目の前には、本間の母が本間は無罪なのだと訴えていた。

薗田は愛人クラブに会員登録をし、その女性にお金を渡していたそうだ。

息子が犯人との可能性も浮上した。

本間が裏のサイトに犯行内容を書いたとの可能性もあって、息子がそのサイトを読んだからこそ1セント硬貨を知っているのでは?との話になった。

だが、ひよりは本間が犯人ではないのだと言い出す。

誤認逮捕だとしたら本間やご家族を救わなければ…というひより。

だが無視される。

息子や薗田の妻は愛人クラブの存在を知らなかったようだ。

薗田の作ったキスの天ぷらが美味しかったという夏目は、気晴らしで薗田は愛人クラブを利用していたのだろうと言った。

だがキスの天ぷら等の話は夏目の作り話だった。

薗田が会ったのは若い女性との可能性が浮上した。

夏目は本間の母に挨拶するが、避けられる。

ひよりが本間の母に声をかけた。

「警察はみんな一緒」と本間の母は口にする。

ひよりは、本間の他に真犯人がいるとの考えを持っているのだと言った。

本間の母が経営している店にひよりは顔を出した。

本間が薗田の店に行く時、薗田の息子に毛髪を取られたとの可能性があるのだとひよりは言った。

夜、薗田の息子を追いかけるひより。

ひよりと連絡がつかないという夏目だが、ようやく連絡が取れた。

ひよりは「捕まった」と目隠しや、手足は拘束され、灯油もかけられる状況で説明した。

「犯人は薗田」とひよりが言った瞬間、スタンガンでやられてしまう。

だが薗田は友達の家にいたのだ。

おじさん達は人脈を使って捜査を開始した。

ひよりが目覚めると、本間の母が目の前にいた。

本間を救うにはこうするしかなかったという本間の母は供述を始めた。

ネットに遺書を上げたそうだ。

1セント硬貨のことは、逮捕後に本間が警察に聞かされたからこそ知っているのだと本間の母は話した。

そこに夏目が現れ、ひよりを助ける。

だが本間の母はナイフを取り出し、夏目を刺そうとする。

それを迫田が止めた。

薗田を殺した犯人は本間の母だと警察は会見を開いた。

ひよりは面会にて、本間が1セント硬貨のことを知っているのは本間が犯人だったのだと言った。

本間の母は最後まで本間の無実を信じていたのだと指摘するひより。

本間は自分を信じたからこそ、ひよりは刑事に向いていないのだと暴れながら言った。

やっぱり夏目さんが正しかったのだとひよりは頭を下げて夏目に伝えた。

違法な取り調べをしたのは事実だといい、上とぶつかって正義を貫けなかったから警察を辞めたと夏目は言った。

だがそれは嘘だとひよりは指摘した。

ひよりも刑事になった本当の理由を明かさなかった。

 

 

スポンサーリンク

メゾン・ド・ポリス 第1話の感想と見どころ

薗田の妻と息子に対し、薗田の作ったキスの天ぷらが美味しくて店の雰囲気も良かったのだという夏目の話が作り話だったということについて最低だとひよりは感じていても、それは最低ではないと感じた。

なぜなら夏目は作り話を持ちかけることで、薗田の妻の心を開かせて、捜査情報を手にすることができた。

その意味で、時には夏目の作り話も捜査には必要となるのだと思う。

それで夏目は以前警察官として、やり手のある人物だったのではないかと推測した。

警察は誰もかも本間が犯人だと決めつけているからこそ、本間の母は苦しめられ続けたのだと感じたが、最後の最後で、本間がやはり犯人だということには驚いてしまった。

本間の母が報われないとの展開になっていることに悲しかった。

ひよりが犯人に拘束されてしまったことが発覚してから、夏目たちは協力しあって捜査するのだという場面が特に凄いのだと思った。

メゾン・ド・ポリスには実力のある人たちが集まっている場所であるのだと感じた。

だからこそ、拘束された時ひよりは真っ先に夏目に助けを求めたのでは?と感じた。

メゾン・ド・ポリスとはどのような意味であるかどうかということ、ひよりはどのように夏目らおじさんと関わりを持つことになるかどうかということ。

メゾン・ド・ポリス 第2話への期待・展望

 

ひよりは警察の皆と協力して事件を解決していきたいとの気持ちを持っている。

それであるにも関わらず、発生した事件について何かが気になってしまうのだというおじさん達・それで伊達が署長に連絡したことにより、ひよりはまたもやメゾン・ド・ポリスに呼び出されることになってしまう。

あるいは、ひよりがメゾン・ド・ポリスにいる夏目らに助けを求めようと決意したことにより、メゾン・ド・ポリスにいくことになるのではないかと二通りの可能性が考えられる。

その後、ひより、夏目、藤堂、迫田、高平、伊達が意見を出し合って、捜査することで、誰が犯人であるか?とのことや事件の真相を突き止めることに成功するのだという展開になるかどうかに期待したい。