映画【ピーターラビット】ネタバレあらすじ・感想

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

映画【ピーターラビット】情報・キャスト

 

公開日: 2018年
監督: ウィル・グラック
主演俳優・女優
ローズ・バーン
注目の俳優・女優キャスト
ドーナル・グリーソン
サム・ニール
デイジー・リドリー
エリザベス・デビッキ
マーゴット・ロビー
ジェームズ・コーデン

 

映画【ピーターラビット】ネタバレあらすじ

イギリスののどかな湖水地方にピーターラビットと三つ子の妹(フロプシー・モプシー・カトンテール)と彼らのいとこのベンジャミンの4匹のウサギが暮らしています

彼らはマクレガー老人の畑の作物を盗むいたずらウサギ

人間から見ればそのように思えますが、もともとはピーター達の住処だったところにマクレガー老人が柵を作り動物を排除し、敷地に入ったピーターの両親は捕まってパイにされてしまったという悲しい経緯がありました

唯一マクレガー家の隣人で美人画家のビアだけは、ピーター達をいつも庇い優しく接してくれるため心を開き慕っていました

マクレガー老人が心臓発作で急死した後、動物たちに自由と安息の日々がやってきたのですが、ある日その家に甥のトーマスがやって来ます

トーマスはロンドンの老舗玩具店の主任を務めていましたが、出世争いに敗れ会社をクビになって移り住んできたのです

このトーマス、トイレの水を飲めるくらいまできれいにするほどの超神経質・潔癖症な性格で、マクレガー家に住み着いていた動物たちを見るなり、害獣駆除と称して追い出し作戦を決行します

縄張り争いだけでなく、隣人のビアとも仲良くなりだしたのでピーターは大激怒

トーマスとピーター達の全面戦争が勃発する!というストーリーです

映画【ピーターラビット】の感想と見どころ

見どころは、なんといってもピーター達とトーマスのシャレにならないガチな戦いです

始めはピーター達の見た目の可愛さに魅了されてニコニコ見ていたのですが、戦いがエスカレートしていくうちに、「おいおい!これはやり過ぎでしょ」とちょっと人間側が可哀そうに見えてしまうシーンもあります

感電とアナフィラキシーショック攻撃は命に関わるので見ていてハラハラしました

モフモフのウサギじゃなかったら大批判モノだったのではないかと

冷静に考えると、トーマスは極端な潔癖症でちょっと感情の起伏が激しいだけで言うほど悪者ではないんですよね

純粋におもちゃ屋さんを開いてお客さんに商品を楽しんでもらいたいというはっきりとした目標を持ちまっすぐ生きているんだと思います

なのでビアと仲良くなって次第に恋仲になっていくシーンなどは見ていて微笑ましくなります

また一見オタクっぽい見た目ですが、演じているのがドーナル・グリーソンなので、要所要所に隠し切れないイケメン臭が見え隠れしちゃっています

最初はピーター目線なのですが、物語終盤はトーマスを応援したくなってくる不思議な感覚に陥ります

ピーターはいたずらの度が過ぎてもごめんねのしぐさで許せちゃうので本当にズルい!(笑)戦争の終結はどうなるのか?ビアとトーマスの関係はどうなるのか?ぜひご自身で見て楽しんで欲しいです

 

映画【ピーターラビット】出演俳優や女優の他のドラマや映画・CMなどおすすめ

ドーナル・グリーソン…『スターウォーズ/フォースの覚醒』ハックス将軍役、『ハリーポッターシリーズ』

 

ビル・ウィーズリー役ローズ・バーン…『ANNIE/アニー』グレース・ファレル役、『X‐MENシリーズ』モイラ・マクタガート役、

 

マックスファクターカールキューブマスカラのCMにも出演