映画【斉木楠雄のΨ難】ネタバレあらすじ・感想

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

映画【斉木楠雄のΨ難】情報・キャスト

 

公開日: 2017年
監督: 福田雄一
主演俳優・女優
夜神月 : 山﨑賢人
注目の俳優・女優キャスト
橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、
田辺誠一

 

映画【斉木楠雄のΨ難】ネタバレあらすじ

斎木楠雄は常人には持ち得ない、様々な特殊能力を秘めていました。

 

しかしごく普通の高校生として平穏無事な学園生活を送るために、自らの秘密は決してクラスメイトには打ち明けることはありません。

 

楠雄が通っているPK学園学校では文化祭が差し迫って、慌ただしく準備に追われています。

 

毎年恒例の一大イベントは近隣の住民からのクレームが多発していて中で、担任の先生・松崎は気が気でありません。

 

人一倍好奇心旺盛な女子生徒の照橋心美や、楠雄に対して異様なほどのライバル意識を燃やしている燃堂力などのひと癖もふた癖もある同級生たちばかりです。

 

彼らは次から次へとトラブルを巻き起こしてしまいますが、その度に楠雄はこっそりとパワーを解放して気付かれないように彼らを助けてあげていました。

 

そんな楠雄の苦労を露知らず、文化祭の当日になって心美と一緒にお化け屋敷の中に入った時に燃堂力によって楠雄のメガネが奪われます。

 

更には心美に体育館の倉庫の中に閉じ込められてしまい、脱出する際に頭から生えているアンテナが折れてしまいます。

 

超能力を制御するアンテナとメガネを無くした楠雄は暴走していき、遂には地球滅亡の危機にまで発展していくのでした。

 

映画【斉木楠雄のΨ難】の感想と見どころ

 

主人公の斎木楠雄を演じている山崎賢人の、全編を通して能面を貼り付けたようなポーカーフェイスがユーモアたっぷりでした。

 

 

楠雄の気を惹きたくてたまらない女子高校生・照橋に扮している、橋本環奈のはしゃぎっぷりも可愛いらしかったです。

 

 

思い込みが激し過ぎて妄想を膨らませていく純真無垢な一面ばかりではなく、計算高く腹黒い意外な素顔もしっかりと表現しています。

 

照橋の一挙手一投足に楠雄が鋭い突っ込みを入れていくシーンには、今流行りのお笑い芸人たちやテレビのバラエティー番組を思い浮かべてしまいました。

 

 

怪しげなマジシャン役を務めている、ムロツヨシの怪演ぶりにも圧倒されます。

 

超能力VS手品という明らかに無謀なバトルながらも、楠雄を巧みな演出に引っかけてしまう展開が痛快でした。

 

メガネを盗まれてアンテナまでへし折られてコントロール不能になった楠雄によって、次々と高校生たちが石像化していく場面には驚かされます。

 

 

ありきたりな学園ドラマから始まっていき、SFアドベンチャーへとスケールアップしていく中盤戦から後半パートに引き込まれていきました。

 

瞬間移動から念動力に透視まで何でもありの中でも、クライマックスで発動した最強の超能力が圧巻です。

 

映画【斉木楠雄のΨ難】出演俳優や女優の他のドラマや映画・CMなどおすすめ

 

本作品でヒロインに抜擢されている橋本環奈は、同じく福田監督が人気のコミックスを実写化した「銀魂」にも出演しています。

 

原作でも人気があるキャラクターの神楽役を精一杯熱演していますので、是非ともご覧ください。