映画【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】ネタバレあらすじ・感想

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

映画【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】情報・キャスト

 

公開日: 2016年
監督: 三木 康一郎
108分
主演俳優・女優
岩田剛典、高畑充希
注目の俳優・女優キャスト
阿部丈二、今井華、谷澤恵里香、相島一之、酒井敏也、木下隆行、ダンカン、大和田伸也、宮崎美子

映画【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】ネタバレあらすじ

 

河野さやか(以下「さやか」とする)は、ある日の夜さやかの住むアパートの自転車置き場で、行き倒れていた日下部樹(以下「いつき」とする)を酔った勢いで拾いました。

 

名前しか知らない関係だけで、さやかは半年間という期限付きでいつきと共同生活をすることになります。

いつきはカメラが趣味で、主に野草の写真を撮ります。

 

いつきはさやかを誘って、食べられる野草を摘んで帰って、いつきはさやかに野草料理を披露するのでした。

それからは休みの日には、いっしょに野草狩りをするようになりました。

 

さやかは、いつきをどんどん意識するようになり、ある日好きという思いを告白し、いつきも好きな気持ちを打ち明け、同居人から恋人同士になりました。

 

そしてある日、いつきはさやかの前から置手紙だけをして家を出ていきました。

約束の半年がきたからです。

 

さやかは、いつきを必死に捜しますが見つかりません。

さやかは、いつきのことをずっと思い続けながら生活をしていました。

 

いつきが出ていって1年が経ったある日、さやかのもとにいつきから植物図鑑が贈られてきました。

いつきが著書の植物図鑑のお披露目会をすることを知り、その会場に会いにいきました。

 

しかし、いつきとの距離が遠くなっていることを悟ったさやかは、いつきに声もかけずに家に帰りました。

家に着くと玄関に人影を感じました。

 

それは、いつきでした。

さやかはいつきに思いのたけをぶつけ、好きというお互いの気持ちを確認しあうのでした。

 

映画【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】の感想と見どころ

このご時世に見ず知らずの異性を家にまであげて食事をさせ、お風呂にまでいれるなんて、ありそうでないシチュエーションにハラハラしました。

そしてさやかは、いつきに半年間という期限付きで居場所まで提供をしました。

 

若い者同士が同じ屋根の下に共同生活をするということは、いつかは恋愛感情が芽生えるのも時間の問題だろうなと思いました。

結果からいうと思った通りに二人は恋人同士になっていきます。

 

では、どうやって二人が同居人から恋人同士になっていったのかというその過程に面白さを感じました。

そのキーワードとなったものが野草でした。

 

さやかといつきが一緒になって野草狩りをしながら、それをいつきが調理して、二人で美味しく食べる生活をしていました。

そうやって二人の距離がドンドン縮んでいくことがわかりました。

 

そして、いつきは約束とおりに半年後にさやかの前から置手紙だけして去っていきました。

さやかにはいつきを捜し出す手立てがありませんでした。

 

ではどうやって二人が再開するのか気になりました。

今度もさやかといつきを繋いだのが野草でした。

 

1年後、いつきは自身の著書である野草の植物図鑑をさやかに贈り、いつきはさやかを忘れていないことをアピールしました。

そしていつきは再びさやかの元にもどるのでした。

 

私は、思いもかけないエンディングにうまくのせられ、すごく心が温かくなりました。

 

映画【植物図鑑 運命の恋、ひろいました】出演俳優や女優の他のドラマや映画・CMなどおすすめ

 

高畑充希のドコモのCMが好きです。

CMが始まった最初の頃は、かわいいいつもの高畑充希だなと思っていましたが、その時世にあったパロディっぽい愛くるしい演技をしたり、かとおもえば、Xジャパンの紅を熱唱する姿もギャップがあって、いい意味で色々な高畑充希が見れてよかったです。