ドラマ『SUITS/スーツ』第9話のネタバレ・感想

この記事は約6分で読めます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】SUITS/スーツ2(@drama_suits)がシェアした投稿

スポンサーリンク

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第9話の視聴率

9.9%

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第9話のあらすじネタバレ

シニアパートナーのパーティーに訪れた甲斐弁護士。

 

その際幸村から幸村・上杉法律事務所の顧問会計士である、親友の会計士事務所の所長華村百合を紹介される。

 

会計士の大河原を経歴詐称で解雇をしたいという。

後日に甲斐弁護士は事務所に大河原を呼び出す。

 

そこで甲斐弁護士は大河原に解雇の話を切り出す。

 

所長は詐欺容疑で訴えないし、多額の退職金費用を出すという話をする。

長年事務所に尽くしたのにと大河原は納得出来ないと言う。

 

鈴木弁護士は大河原に同情し、所長と話し合うべきだと提案。

 

その事によりまとまりかけた話が破談し激昂した大河原は所長を訴えると言い事務所を出て行く。

 

その事を華村に話し、大河原と話し合ってはというと提案に、経歴詐称の会計士を雇っていたという事実がわかれば会計士事務所が打撃を受けると。

 

甲斐弁護士は鈴木弁護士に何もするなと警告するが、鈴木弁護士は独自にYURI綜合会計事務所を調査する。

 

甲斐弁護士は大河原に訴訟するのかと問い、多額の賠償金を払う事になるので訴訟を辞めろと話していると、鈴木弁護士から大河原に電話がかかってくる。

 

まとまりかけたところでまた邪魔され、鈴木弁護士の電話に何もするなと怒りをぶつける。

 

その後華村と会談の席に鈴木弁護士がまた大河原の身辺調査は10年前にも行われていて、経歴詐称は前から知っていたと指摘し、また邪魔をする。

 

華村から機密情報を漏洩したと激怒され、今後の仕事上の付き合いも考え直したいと言い去っていく。

 

鈴木弁護士は甲斐弁護士の説得にも応じず、以前不当解雇された別の従業員に会いに行くが。

 

不当解雇の理由を尋ねるが関わりたくないと口を閉ざす。

 

その後大河原に会うがもうサインもしたしこれ以上関わらないでくれと、そして自分の事を話始め所詮偽物は偽物だと言う。

 

鈴木弁護士にその言葉が突き刺さる。

 

しかし納得いかない鈴木弁護士は調査を辞めず、3年前の訴訟について調べ始める。

 

そこにリゲル法律事務所が関わっていたと思い出し、蟹江弁護士が知り合ったリゲル法律事務所の知人に接触しようと試みるが。

 

幼馴染の砂里の機転により事務所内に侵入するべく社員証を盗む。

 

そして鈴木弁護士はリゲル法律事務所に潜入し、香西さな恵の訴訟の資料に目を通す。

 

するとその場に警備員が現れる。

 

そして甲斐弁護士に連絡が入り、不法侵入した事を眼をつぶる代わりにお金を要求してくる。

甲斐弁護士の機転により無事その場をやり過ごす。

 

YURI綜合会計事務所の不正を見つけ、甲斐弁護士に報告するとペーパーカンパニーの件は知っていたと。

 

色々考えての行動をしていたという事実を知り、勇み足だった自分を反省する。

その後幸村に報告し、YURI綜合会計事務所の不正を調査する事に。

 

しかし証拠品が無いと悩んでいると、真琴が鈴木弁護士の頭の中に資料のデータがあるとそれを複写として書き起こす事に。

 

そんな中2人の距離が急接近する。

見つめ合う2人、そっとくちづけを交わす。

 

そこへ蟹江が現れうちは社内恋愛禁止だと言い去る。

 

そして華村を呼び出しペーパーカンパニーの不正の件について話し始め、複写した資料を見せる。

 

これは裁判所では無効だと言うが、そこへ大河原が現れ以前見た資料の内容を話し始める。

 

そして華村は幸村に目をつぶってくれと頼むが、以前招待した別荘は幸村・上杉法律事務所に水増し請求したお金で購入した事を指摘され裏切りは許さないと突き放される。

 

こうして大河原の件は解決する。

 

鈴木弁護士は砂里に妹としてか見れないと自分の気持ちを伝える。

 

砂里はその場は気丈に振る舞うが兄会った際堪えきれず涙する。

 

そしてそれを聞いた兄遊星は幸村に会い、鈴木弁護士の正体を明かす。

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第9話の感想と見どころ

 

大河原の経歴詐称の不当解雇に自分の事を重ね合わせてしまい暴走してしまう鈴木弁護士が観ていてハラハラしました。

 

甲斐弁護士の先を読んでの行動を汲み取れず、甲斐弁護士の邪魔ばかりで2人の間に亀裂が入るのかと心配してしまいました。

 

でもそこはさすがの甲斐弁護士でした。

 

大人の対応で鈴木弁護士を優しく迎え入れたのは、凄いなと思いました。

 

普通だったら上司命令を無視して身勝手な行動をとられ邪魔された事に腹が立っているはずなのに、やはり敏腕弁護士はいつでも冷静沈着なんだなと感心してしまいました。

 

その後大河原の件も無事解決したのが何よりです。

 

親友と思っていた相手に裏切られた幸村が最後ズバッと華村に対して言った言葉は実に観ていて爽快でした。

 

とてもカッコ良かったです。

結局親友と偽り幸村の事を利用していたとは。

 

華村は良い人そうに見えて、とても悪い人だなと思いました。

騙された幸村が可哀想だなと思いました。

 

大河原の調査の件で、2人が協力した事により、真琴と鈴木弁護士の距離が縮まった事がとても良かったです。

 

なかなかくっつかない2人にヤキモキしていたので。

 

でも砂里に自分の素直な気持ちを伝えて傷つけてしまった事により、親友だった兄遊星の裏切りに合うとは。

 

幸村に経歴詐称だという真実を知られて鈴木弁護士の今後がどうなってしまうのか、とても心配になります。

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第10話への期待・展望

 

 

甲斐弁護士は13年前に起きた殺人事件に関してエリート検事と対決する事になりそうです。

無実の人間を13年もの間刑務所に入れた事を指摘し、この事件は冤罪だと言う。

 

13年前に起きた殺人事件とは一体何なのかとても気になります。

また甲斐弁護士が手強い相手に対してどういう策を講じるのかとても楽しみです。