ドラマ『黄昏流星群』第7話のネタバレ・感想

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

木曜ドラマ『黄昏流星群』第7話の視聴率

6.4%

木曜ドラマ『黄昏流星群』第7話のあらすじネタバレ

職場の階段から足を踏み外し落ちた完治は、入院していた。

 

そこにお見舞いに来てくれた真璃子の同級生の聡美と聡美と付き合い出した完治の同級生でパティシエの武史。

 

武史は完治に、彼女には見せられない離婚した家族の荷物を倉庫で預かって欲しいと話をする。

 

完治は、怪我も治り会社に出社してすぐに、荷物を預かる話を課長にするが課長は全くとりあわない。

 

完治は1人ででも頑張るつもりで話を進める。

家族の荷物を預かる思い出BOXと名をつけ、宣伝して回る。

 

ビデオテープを預かるとDVDに移し替えたりとサービスまでして一人で頑張っていた。

 

栞は1人で頑張る完治の姿を見て、職場で孤立しないかと心配するが完治は心配いらないと一人で頑張る事を続けている。

 

完治が階段から落ちた時、栞も病院に駆けつけていたが、受付で美咲に会い父と別れるように言われていた。

 

完治も美咲に栞と別れるように言われていたので二人は悩んでいた。

栞は、毎日残業する完治に今日は手伝うと言い二人で仕事をする。

 

いつも遅くまで働いている完治を、浮気の事も悩み真璃子はもう一度頑張ってみようと完治のところへ差し入れを持っていくが栞と楽しそうに休憩している完治を見て帰ってしまう。

 

栞から、思い出BOXを携帯などで簡単に申し込めればとアイデアを出しアプリを作ってもらうことになりそれがヒットし思い出BOXの申し込みは殺到する。

 

会社も全員で完治を手伝うことに。

その頃、美咲の婚約者の母が癌を再発した。

 

美咲の婚約者は真璃子に好きだと言ったが美咲がいないところでは会わないと真璃子に言われていたのに嘘をついて真璃子と二人で会うことになる。

 

真璃子も完治と栞の話をしてしまいパーっと気分転換にと二人で遊園地で遊ぶ。

そのまま帰り、美咲の結納の日がきて無事に結納も終わる。

 

完治は、思い出BOXの仕事をみんなで頑張って終わらせ栞のところへ行くと、知らない人が出てきてもう完治とは会わない、別れたいと言っていると言われる。

 

帰ってくると美咲が結婚をやめて先生とロンドンへ行くと言いいなくなった。

木曜ドラマ『黄昏流星群』第7話の感想と見どころ

 

完治は娘に栞と別れるように言われたが、そのまま続いていた。

 

栞と病院で美咲に父と別れるように言われたが栞も悩みながら完治と続けていた。

 

二人とも、悩みながらも続けてなかなか別れられないのかなと思った。

 

美咲の結婚も近づいていて家族がそれぞれ浮気しているのにちゃんと何も言えず家族でいるのもおかしいなと思った。

 

仕事のことでは、職場でいじめのように課長に言われひどい言い方もされていたが、自分のしている事を信じ頑張って売り上げを上げていったのにはとてもすごいなと思った。

 

男として仕事を頑張っていくのはいいと思う。

 

銀行では出向させられ頑張る意欲がなくなるのではなく、どこにいても仕事を頑張る姿勢はとても素晴らしいと思った。

 

頑張っていればいつかは成功しみんなも付いてくるのだなと思った。

 

真璃子は、浮気を知っても何も言わずなら我慢しているのか完治の事を諦めているのか分からないが、毎日仕事が遅く頑張っている完治に差し入れを持って行ったのに完治と栞が二人で一緒にいるのを見るのはショックだったと思う。

 

確信していても2人一緒にいるところを現実に見るのはかなりのショックだったと思う。

 

いけない事だが美咲の婚約者に頼ってしまうのも誰も他にいなければ少し仕方がない事もあるかもしれない。

 

美咲の結納も無事に終わり、先生と別れたと言っていたが、美咲はやっぱり先生の事が忘れられず一緒にロンドンへ行くと手紙を置いていなくなったが、もっと早く結婚をやめるべきだったと思う。

 

そのまま結婚をしてもうまくいかないと思う。

 

栞も別れる事を決め、完治に言ったが自分で話さなかったので本当に別れられるのかなと思った。

木曜ドラマ『黄昏流星群』第8話への期待・展望

 

完治は、このまま栞と別れられないと思う。

別れると言われたがどうするのか気になります。

 

美咲も結婚をやめていなくなったが、結納までしたので相手とどうなるのか気になります。

結婚を中止するのに揉めると思うのでどうなるか気になります。