ドラマ『黄昏流星群』第9話のネタバレ・感想

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

木曜ドラマ『黄昏流星群』第9話の視聴率

7.4%

木曜ドラマ『黄昏流星群』第9話のあらすじネタバレ

銀行へ戻らないかと打診を受け家に戻った瀧沢でしたが、家では真璃子が待っていました。

真璃子も車内でキスをした後で家に戻るのでした。

 

経営の全般を任されるポストを用意され、銀行に戻れと言われるのですが、瀧沢は保留にしました。

 

瀧沢が家に帰り真璃子に銀行に戻れることを報告するのですが、真璃子は家を出ると言い出しその理由は目黒のことが原因でした。

 

真璃子は、友達の水原の家を頼るのですが、彼女は結婚を考えているのでした。

水原は真璃子に結婚の良さをアドバイスするのでした。

 

一方目黒は、港町で面接を受けていて、そこに住むようでした。

そして目黒は糖尿病で失明の危険を伴う思い病気にかかっていました。

 

居酒屋では銀行時代の同僚と話していて、銀行の不正のことを聞くのですが、知らないと言うのでした。

 

同僚に真璃子のことを聞かれ、出て行ったことや目黒のことや娘のことを話すし恥ずかしいそうでした。

 

水原の家では仕事の電話をしていると、真璃子は気を使い、家を出て買い物から帰ると結婚を考えてる相手が居て、やはり気を使い真璃子は家を出るのでした。

 

するとたまたま日野と会うでした、日野は母親の介護で会社を休んでいるのでした。

 

介護で仕事を辞めようとする日野を止める真璃子は、介護を手伝うと言い出し、真璃子は日野を手伝うため彼の家を訪れました。

 

銀行では瀧沢と居酒屋で話した同僚が逮捕されたニュースで報道されてしまいました。

 

日野の母親には真璃子がいることを彼女が説明し、母親は少し話そうと真璃子を部屋に呼ぶのでした。

 

母親はホスピスに入るようで、日野には迷惑をかけたくないと言っていました。

母親は何も出来ない自分を攻めて、真璃子の立場ならと日野の家のことを頼むでした。

 

倉庫では瀧沢と課長が談笑し、課長は銀行から誘われているのことを想像で知っていてたのでした。

 

そして課長は瀧沢に銀行に戻った方が良いと告げるのでした。

一方日野の家では真璃子と母親が楽しそうに話、日野がそこへ帰ってきました。

 

そして来月にホスピスへ入ると日野に言うですが、対して日野はどこか納得のいかない様子でした。

 

瀧沢は銀行に戻り内部調査を頼まれ、早速聞き取りを始めるのでした。

目黒は漁港の慣れない仕事に戸惑い疲れている様子でした。

 

日野の家では真璃子が家事をしているところを日野が見ていて、その後二人は話をしキスをしていたところを母親に見られてしまうのでした。

木曜ドラマ『黄昏流星群』第9話の感想と見どころ

 

瀧沢は銀行に戻れるように言われたのですが、彼は現在の会社での楽しく迷う様子がよく表現されてたと思いました。

 

真璃子は目黒と一緒にいるところ見たときに割りきれば出来ると言うですが、それがつまらないと言った彼女は日野とのこともあったりした関係もあってか、彼女は瀧沢に対して疲れてしまったのだと思いました。

 

真璃子が水原の家を出て行ったときには、二人の邪魔になると気を使う様子が彼女の良さだと感じました。

 

そして目黒と会えなくなり彼女のことを銀行時代の同僚に話したときには、笑うしかないといった感じがかえって悲しそうにも思いえました。

 

そして港町で自動販売機の前で自分の病気を考える彼女は、何か思い詰めているように感じがし寂しそうにも感じました。

 

疲れる日野を気付う真璃子は、日野の家を手伝うことで彼女自身が道を見つけたような感じにも見え、少し生き生きしたようにも感じました。

 

日野は真璃子のおかげでぐっすり眠れ介護の疲れが取れたようで、すっきりした様子で負担が少し軽くなったようで良かったです。

 

日野の家で母親に何か文句を言われると思っていましたが、家のことを頼まれ意外だと思いました。

そして二人がキスをしている瞬間を見てしまった母親が何を思うか気になってしました。

木曜ドラマ『黄昏流星群』最終回への期待・展望

 

 

部長の聞き取りをしようとしたところ、同僚の部長がビルから飛びおり瀧沢が自分を責めてしまう気がします。

 

真璃子のは日野の家を追い出されてしまうようで、真璃子の一人頑張っていくのか、それともまた日野と寄りが戻るのか見どころになりそうです。

 

目黒は空を眺めながら目を抑え影が出来ていたので、病気が進行しているのだと思い、瀧沢に声をかける彼女はどうなっているのか気になります。