トレース~科捜研の男~ 第8話【錦戸亮・新木優子主演】あらすじネタバレ

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~ 第8話のあらすじ (ネタバレあり)

ノンナの妹のカンナは友達の橋本梨央を連れてきて、梨央の幼なじみが殺人事件を起こした事件をまた調べ直して欲しいと頼みに来るのだった。

 

梨央は女優だったため、友達と聞いて驚くノンナだった。

 

治は秀司を殺したと自首してきたのだが、治が秀司を殺すわけがないと梨央が言ったのだった。

 

同じ児童養護施設で育った3人は、梨央がある日打ち明けた女優になりたい夢を応援してくれることになった。

 

しかし、梨央が女優への道が切り開いたとき、二人に話すと自慢話は聞きたくない、ここを出て行くならもう二度と前に現れるなとひどい言葉を言われてしまったのだった。

 

梨央はその後、女優になって二人の前に行ったとき、二人は詐欺行為をしていたのだった。

 

二人が変貌したことが信じられなかったが、きっと会わない時間に何かがあって変わったと見た梨央だった。

 

礼二は再捜査することに協力し、血痕があり得ない早さで乾いていることが判明し、殺害時刻が矛盾していると話した。

 

調べて行くと、秀司を殺したのは治ではなく、二人を脅していた週刊誌の人物だった。

昔梨央は父親と二人で暮らしていたのだが、暴力を振るう父親を刺したのだった。

 

そのことを週刊誌に出すと言われたため、代わりに二人は梨央を守るために働き、その人物にお金を払い続けてきたのだった。

 

その人物がさらに要求してきたため、秀司は刺し殺してしまったのだった。

家に戻ると殺した人物の弟が現れて秀司を刺したのだ。

 

帰ってきた治は秀司が刺されていることに驚き、病院へ連絡しようとしたが、秀司は大量の血を流していたため、助からないとはなし、それよりも自分が刺された理由を追求されて梨央のことが世間に出回ることが避けることを提案したのだ。

 

修二が殺した証拠隠滅をし、強盗と見せかけた治だった。

その後大金を埋めて秀司を刺したと言ったのだった。

 

全てが梨央を守るためだったと知った梨央は涙を流すのだった。

 

トレース~科捜研の男~ 第8話の感想と見どころ

幼なじみの夢を守るために取った治と秀司の二人がとても素晴らしいと感じました。

そこまでして梨央の夢を守ろうとしたのがとてもかっこいいと思いました。

 

梨央が夢を掴みかけたところ、とても喜んだ治と秀司だったのですが、事務所からもう二度と梨央と会わないで欲しいと言われたため、梨央に対して冷たい態度をとったと知ってとても驚いてしまいました。

 

どうして冷たくされたのか、嫌われたと思っていた梨央だったのですが、今回全てのことが分かり、すごく涙を流している梨央を思うととても心が苦しくなってしまったシーンでした。

 

それ以上に良かったと感じたシーンは、全てを知った虎丸に対して、治は梨央のことが世間にばれてしまうのかを聞くと、虎丸はそうだと言ったのですが、今まで治が嘘ばかりついていたので、梨央のことも俺は信じないと言って動機不明にさせたところはすごくかっこいいと思ったし、これまで一人でよく頑張ったなと言った虎丸に対してすごく素敵だと思いました。

 

治が涙を流して出て行った虎丸に深々と頭を下げたので、すごく涙が溢れるシーンでした。

 

虎丸が治がこれまでしてきたことを無駄にせず、梨央のことも守ったので、すごく救われた秀司と治、梨央だったと思いました。

トレース~科捜研の男~ 第9話への期待・展望

 

元恋人を殺したという疑いを掛けられた男性が本当に殺したのか、一体誰が殺したのかとても楽しみにしているところです。

 

殺された綾乃には、富樫の他にも婚約者の関口がいたというので、どうして綾乃は二股していたのか気になります。

 

綾乃は富樫のことをどう思っていたのか、二人の婚約者がなぜいたのか、気になります。

 

綾乃はバラの成分が付いていたため、どうしてバラの成分がついていたのか、バラは一体誰からもらったのかすごく楽しみにしています。